inversionista

スペイン語で投資家を意味するinversionista(インベルシオニスタ)がブログタイトルの由来です。投資家の成長を加速させるような記事を書いていきます。

失敗を減らすために、読んでおきたい【投資本3冊】

f:id:inversionista:20210421134244j:plain


個人投資家が、今読むべき本をまとめています。

 目次

 

投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント | バートン・マルキール, チャールズ・エリス, 鹿毛 雄二, 鹿毛 房子 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』と『敗者のゲーム』と投資の名著を読んでみたいけれど、分厚いので、無理という方にオススメです。また、インデックスファンドによる長期積み立て投資について、投資する根拠を学びたい方にもオススメです。

裏を返せば、すでにインデックスファンドによる積み立て投資のメリットについて知っている方には、あまりオススメではありません。

 

【紹介記事はこちら↓をクリック】

積み立て投資の本質を読む『投資の大原則』 - inversionista

 

“普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術 | 奥山 月仁

 

特に、これから投資を始めようかという方あるいは投資はじめたての方には、是非読んでもらいたいです。なぜなら、平易な文で丁寧に株式投資について書かれているからです。

また、著者自身も会社員として働きながら投資をしてので、投資に多くの時間を取れないという方にも読んでもらいたいです。ただ、コラムとして四季報を読破しましょうといった時間と労力が必要なアドバイスもあります。

投資はじめたての方は、四季報を読破するのは大変だと思うので、四季報は必ず読まなくてはいけないものではないです。もちろん、四季報を読破すると投資の力が確実に付きますので、投資に慣れてきた時に読んでみても良いでしょう。

 

【紹介記事はこちら↓をクリック】

普通の人を稼げる投資家に『普通の人だから勝てるエナフン流株式投資術』 奥山 月仁 - inversionista

 

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方|渡部 清二  

この本では、四季報から10倍株を見つける方法が具体的に書かれています。

投資家としてのレベルを確実にあげる為には、四季報を読破することが一番手っ取り早いです。ですので、本書で四季報の読み方を習得することは、投資家としてのレベルを上げる第一歩となります。


実際に、四季報を読んでいると「このカッコ内の数字は、なんだろう」と思う時があります。

調べるのが面倒なので、数字の意味を調べずに今まで、僕は読んでいました。本書を読むことで、そういった疑問も解消され、四季報からより精度の高い情報を得られるようになります。

 

【紹介記事はこちら↓をクリック】

【オススメ投資本】『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』 - inversionista