inversionista

inversionista〜投資家のためのブログ〜

投資家としてPERについてどう考えるか

 経営指標の話をする前に、経営指標を見ることは絶対に儲かる株を見つけることができる魔法のツールではなくて、損を可能な限り減らす為の地味な努力だと言うことだ、

 おそらく個人投資家が一番最初に覚える経営指標がPER(Price Earnings Ratiio)だろう。そして、経営指標の中で最もポピュラーなものでもある。PERは株価の分析をする際に使う。

 

PERの出し方は

 

PER=株価÷一株あたり利益

 

 利益は当期純利益を用いる。予想の利益を用いる場合は、予想PERと言う。予想の利益は各企業が発表している数字を用いることが多い。単位は倍。

 

 一株あたり利益はEPS(Earnings Per Share)と表現されることが多い。教科書的な定義だと上記の説明で、終了になるが、ここでは、高PERと低PERがそれぞれ何を意味するのか、PERの適正水準についてとPERの利用の仕方について書いていく。

 

 

高PERと低PERの意味するところ

 

高PERだと

  • 投資先として人気がある。
  • 利益が将来的に成長すると期待されている。
  • 下落余地が大きく上昇余地が小さい

 

低PERだと

  • 投資先として人気がない。
  • 利益が将来的に成長しないと懸念されている。
  • 下落余地が小さく、上昇余地が大きい

 

 「高PERの企業に投資をしよう」と言うアドバイスはあまり投資本ではなされていないので、低PERの企業に投資をすることが、投資家としては無難な選択になる。

 高PERは、業績が好調に推移している間は、問題にならないが、業績が悪化すると高PERであることが、1つの悪材料と見なされ株価の暴落要因となる。

 

 ただ、PERは単純に低ければ、その株が買いと言うわけでもない。買いか否かの判断はPERだけでは判断することができない。

 「低PERだから、将来的に株価が上昇し、高PERだと奨励的に株価が下落する」と言った法則性があるわけもでもないからだ。

 

それならPERがいくつなら高PERあるいは低PERになるのかその適正水準はいくつか考えてみる。

 

 PERの適正な水準

 あらかじめ伝えておくが、PERの適正な水準よりも高いと割高(高PER)、低いと割安(低PER)と言えるが、残念ながら全ての企業に当てはまる適正な水準と言えるものはない。それでは、PERを投資家としてどのように生かすか。大まかに言うと、以下の3つがある。

 

 1過去のPERの平均を使う

 2同業他社との比較で使う

 3スクリーニングのための1つの基準にする

 

1過去のPERの平均を使う

 過去数年(5年程度)の平均PERを導き出し、現在のPERと比べて、割安なのかどうかを判断する。ただ、企業の性質(利益、成長等)や企業を取り巻く状況(新製品の発売等)が変わってしまうと、目安程度にしか用いることができない。

 

2同業他社との比較で使う

 同業他社のPERを基準として、それに比べて割高か割安かを判断する。ただ、 全く同じ企業が存在しないので、比較を行う際は注意が必要だ。

 

3スクリーニングのための1つの基準にする

 東証1部に上場している企業でも2000社を超えるので、全ての企業から自分が投資する先を決めるのは大変だ。そこで、自分でPER○倍以上なら投資をしないと言うルールを設定することをオススメする。ちなみに僕は、インターネットでスクリーニングする際、PER20倍を基準にしている

 

 

まとめ

 簡単にまとめると、PERしかりその他経営指標においても、完璧な経営指標はないので、その他指標と合わせ、投資先を絞り込んだり大まかな株価の目安を判断するのに使うのがいいのではないか。