inversionista

プロ投資家と個人投資家のあいだにある壁を知識でぶち壊したい

2020年「大YouTube時代に突入した」みたいなので、投資系のYouTubeをはじめた。

f:id:inversionista:20191222174826j:plain

出所:ぱくたそ


友達と、YouTubeを始めたのでお知らせです。

「闘牛ベア」と言うチャンネルです。投資について2人でそれぞれの見解を示しています。こちらの記事の下部にリンクを貼りましたので、ご覧ください。

 

 投資の世界では、値上がり、値下がりを、それぞれの攻撃方法から動物の名前で表現されています。値上がりは、ツノを下から上へ突き上げる様子から、ブル(闘牛)と呼ばれ、値下がりは、ツメを上から振り下ろ様子からベア(熊)と呼ばれます。その「ブルベア」をブルを日本語にして「闘牛ベア」と名乗ることにしました。

 

 どんな市場状況でも、株価が永遠に上がり続けることはありません。もちろん永遠に下がり続けることもありません。株価は、上がったり下がったりを繰り返しながら長期的には、上昇していきます。だから、大切なのは、株価の値動きに惑わされないことです。

 

 個人投資家の方々が、株価の上がり下がりに翻弄されないように、YouTubeを通じて骨太な情報発信をしていきたいと思います。

 

 初回の動画では、「そもそも株式投資とは何か」そして、株式分析の代表的な分析方法である「ファンファメンタル分析」と「テクニカル分析」のそれぞれの概要について、個人的な見解を示しています。

 

 株式投資を定義した言葉で「会社の利益を予想するゲーム」が一番自分に響いたので動画で、紹介しました。

 

 今回、撮影で他人と、投資感について初めてだったので、私自身も新たな発見がありました。動画を見た方もきっと同じように新たな発見、学びがあると思います。

 

 本音を言うと、株価が上昇している(2019年)のうちに投資のYouTubeをやりたいと漠然と考えていました。上昇相場だと、「日経平均が上がっているから株でも買おうかしら」と、考える人が増えるからです。その人たちを対象に動画を配信できればと考えていました。

 ご存知の通り、新型コロナウィルスの影響で、市況(市場の状況)はあまり良くなくて、多くの会社が見通しが立っていません。そんな中で、株式投資をいざ始めると考える人は多くないでしょう。株を買う人が少ないから、株価が下がるから、当然です。 

 

 ただ、株価が下がっていると言うことは、株価が割安になっていると捉えることもできます。新型コロナウイルスの影響をあまり受けていない生活必需品を扱うような会社は、実は、買い時だったりします。そういった、下落相場でも投資家としてどう考えれば良いかについても、今後、話題にしていきたいと考えています。

 

 

youtu.be

 

YouTubeを始めたのと合わせて、ブログの名称等変更しようかと考え中です。