inversionista

プロ投資家と個人投資家のあいだにある壁を知識でぶち壊したい

980円で読む『日本人の勝算』『最高の体調』『後悔しない超選択術』

 Kindle Unlimitedと言う電子書籍が月額980円で読み放題のサービスがあります。昔は、アンリミテッド(限界ない)といいつも、コンテンツが充実していなくて、お得ではありませんでした。

 しかし、最近は流行の本も、Kindle Unlimitedの対象になるので、お得なサービスになりました。

 ただ、自分が所持している本がKindle Unlimitedに追加されるたびに心がざらつきます。独特の「損したかも」感があります。

 ブログ公開日時での情報です。ご覧になった日にちによっては、Kindle Unlimitedの対象から外れていることもあります。詳しくは下記バナーを参照ください。

 

今回は、そんな僕が実際に買った本でKindle Unlimitedで読める本を3冊紹介します。紙の本だと合計で4818円が、980円で読めると考えたら、すごくお得です。

 

『日本人の勝算』

『最高の体調 ACTIVE HEALTH

『後悔しない超選択術』

 

『日本人の勝算』デービッド・アトキンソン

 

最新の研究をベースに、日本の経済の課題を指摘、そして解決策を提案しています。

 

 僕が大学の頃に習った経済学だと、最低賃金を上げると、失業者が増えるから、良策ではないというものでした。

 ただ最近の研究では、最低賃金を上げることで雇用に悪影響はないということが示されているそうです。この指摘には目からウロコでした。賃金を上げれば、生産性を上がったというイギリスのデータは、驚きでした。社長からしたら『賃金を上げてしまった以上は、生産性を上げてもらうしかない』っていうことなんでしょう。

 僕の知っている業界の中小企業の社長は、訴えられないことをいいことに給料を払ってなかったりしてたらしいです。中小企業は、社長の経営力が低いと、利益は、社員を搾取することでしか発生しないんですよね。

 

 その他にも、日本で金融緩和しても、資金需要がないので、インフレに繋がらないと言った指摘もありました。日銀が狂ったように金融緩和しているけれど、人口減少局面では、効果が期待できないんですね。

 

 投資する人は、著者のマクロ経済分析を見て、日本がここ10年くらいどういう方向性に行くのかを見るのにオススメです。

 この本を読んで、人口減少局面の国では、株式投資をする旨味がないなと感じたので、アメリカ株を投資することにしました。

 

 

『最高の体調 ACTIVE HEALTH』鈴木祐

『最高の体調』とタイトルにあります。健康になる為に、現代の生活で、全然進化していない人間に合わないものは、排除して健康になろうと言うのが、本書の内容です。

「やっぱ人間の体は、昔からそんなに進化していないのに、現代では、人間の体に合わないもので溢れているよね」っていうのがベースになっています。

 解決策としては、昔の人間がやらなかったことを辞める。食事で言うといわゆる「パレオダイエット」を推し進めていくのがいいみたいです。パレオダイエットは「旧石器時代の食事法」で、加工食品やトランス脂肪酸を減らす食事メソッドです。後半がメンタルの健康について割かれているので、体の健康を徹底的に学びたいって言う人には、満足度は下がりそうです。

 

『後悔しない超選択術』メンタリストDaiGo

 洗濯術の本は本屋さんで見たことがありますが、選択術の本はあまり見かけたことがありません。本の冒頭で選択に対する欲ある誤解について解説してくれたので、選択について認識を改めた状態で本を読み進めることができます。例えば「正しい選択がある」って人間は思いがちですが、この本ではそれをバッサリと否定しています。

 

 その他、選択の際に、不必要なバイアス(思考の癖)についても触れています。バイアスを減らすには、バイアスについて理解する必要があります。例えば「サンクコストバイアス」と言うバイアスがあります。こちらは、食べ放題で2000円を払って食事をする時、「もとを取らなきゃ」と思いついついお皿にオカズを乗せ過ぎてしまいます。食べ過ぎて、気持ち悪くなるのにかかわらずやってしまいがちですよね。冷静に考えると、2000円は、払ってしまったらもう戻ってきません。ですので、食べ放題の最適戦略は、腹八分目です。そんなの勿体無いって思う方は、この本を読んで、「サンクコストバイアス」について、そして「選択術」について学んで欲しいです。

 

スポンサーリンク