inversionista

スペイン語で投資家を意味するinversionista(インベルシオニスタ)がブログタイトルの由来です。投資家の成長を加速させるような記事を書いていきます。

株で大損したYouTuberから学びたいこと「投資で損をする思考法」

株で、めちゃくちゃ損した人のYouTubeでの動画を見ました。

そこから、大損しないために、学ぶべきことについて書いていきます。

 

プロ野球の監督として有名な野村克也さんの言葉で「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」が有名です。

投資の世界も負けるべくして負けます。大損する思考を知れば、今後投資で勝ちやすくなるはずです。

 

動画に、投資手法について触れていなかったので、投資の詳細は不明です。

以降、大損したユーチューバーをYさんとします。

 

目次

 

どうやって大損したのか、大まかな経緯

Yさんは、今年から投資をはじめました。利確と損切りをしっかりしていて、短期の取引で勝率よく、すごい儲けていました。

ある時、保有をする銘柄の株価が下がり、含み損が-10%に達しました。

「流石にこれ以上は下がらないだろう」と考え損切りをせずに保有することにしたそうです。

 

その後、思惑に反して、株価が下がり続け、買値から30%下がった時点で、損切りするに至ったそうです。

 

何が大損に繋がったか

損切りを、ためらってしまった

f:id:inversionista:20210817210142j:plain

一つの銘柄で、含み損が-10%生じたら、「何も考えず」に損切りした方が良いです。

なぜなら、含み損を抱えていると、投資家は合理的な判断ができなくなるからです。

たとえば、投資家の心理バイアスに「ディスポジション効果」というものがあります。

ディスポジション効果(Disposition Effect)とは、価格が上昇した株を早期に売り、一方で、下落した株を保有し続けるという投資家の傾向である。

出所:ディスポジション効果 | みずほ証券 ファイナンス用語集

ディスポジション効果が働くため、損切りをするのが合理的であっても 、楽観的に考え「株価が上がる」と理由付けをして損切りを行いません。

ですので、損切りの局面で、株価の下がった理由や上がる理由を考えるべきではないです。なぜなら、バイアスが働き、損切りをしない決断をしやすくなるからです。

 

株価が下がったのはたまたまで、これから絶対に上がると考える

これは「ギャンブラーの誤謬」に近いように思えます。

例えば、コイントスで10回連続で表が出た場合、「次に出るのは表か裏か」と聞かれると、裏と答えたくなってしまします。実際には確率は、2分の1です。

なぜなら、過去に起こった事象は、これから起こる確率に影響は与えないからです。

 

投資では「株価が下がったら上がる」という考える人が多くいます。

もちろん、株価が下がったあとに反発して上がることがあります。そう考えると「株価が下がったら上がる」と思っても良さそうです。

 

しかし、一方でそれと同じくらい「株価が下がったら、更に下がる」ケースを目にしてきました。

株価が、高値から30%下落しているのをみると、株価が上がっていきそうに見えます。そこから、更に30%下落して、株価が高値の半分になってしまった銘柄を見かけます。

つまり、株価が下がったことと、今後の株価は、切り離して考えた方が良いです。そうでないと、株価が下がって更に下がる展開に対応できません。

勝率が高すぎるのは、実は良くない

f:id:inversionista:20210817184917j:plain

筆者が動画を観た範囲では、Yさんは、勝率が高く、損をした取引が、ほぼありませんでした。

投資において勝率が高いことは、必ずしも良いことだとは、言えません。

なぜなら、勝率を高めても合計損益でマイナスになることがあるからです。

 

加えて、勝率は簡単に高めることができます。それは、利確を早めて、損切りを遅らせば勝率は高くなります。

利確を早めると、勝つ回数が増えます。一方で、一回あたりの利益が少なくなります。

損切りを遅らせると、含み損が、株価の上昇で利益に変わることもあります。一方で、損切りをしないと、含み損が膨らみ大損につながります。

これにより、勝った時の儲けが小さくなる一方で、一回負けた時の損失が大きくなります。

 

よくコツコツドカンと表現されるように、たった一回の負けで、今までの勝ち分を吹っ飛ばして損している人をよく見かけます。

 

なぜなら、人間には損失回避傾向があるからです。その為、「含み益を失いたくない」と考え、利確を早め、「損する回数をできる限り減らしたい」と考え損切りを遅らせます。

そうなると、コツコツドカンで大きな損失を出して、投資を辞めることになります。

投資は、勝率が高いか低いかが重要ではなく、最終的に儲けることができるかが重要です。

最後に

投資では、損切りすべき局面で適切に損切りすれば、大損には繋がらないです。

筆者も損切りせずに痛い目をみたことがあります。

 

損したり、本などで情報をえることで、ようやく損切りできるようになりました。

人間は、損切りすることが苦手ということを覚えると、今後の投資に役立つのではないかなと思います。

 

▼損切りの具体的なライン設定について学びたい方は、こちらの記事も読んでください。

www.inversionista.tokyo

それでは、良い投資を。